不動産ニュース / 政策・制度

2018/2/16

賃貸住宅標準管理委託契約書案でパブコメ

 国土交通省は13日、「賃貸住宅標準管理委託契約書」(案)のパブリックコメントを開始した。

 1994年作成以来、初めての見直し。2011年施行の「賃貸住宅管理業登録制度」との整合性を図るのが目的。賃貸人に対しては「財産の分別管理」「管理事務の定期報告」「基幹事務の一括再委託の禁止」などを盛り込み、実務経験者等(6年以上の実務経験者又は賃貸不動産経営管理士)の記名押印欄を設ける。

 また、賃借人に対しては、管理受託契約、賃貸借契約の更新時、賃貸借契約の終了時のそれぞれについての書面の交付を盛り込んだ。

 意見募集受付は3月14日まで。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

賃貸住宅管理業者登録制度

賃貸住宅管理を営業する者(賃貸住宅管理業者)を登録する制度をいう。「賃貸住宅管理業法」に基づく制度である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。