不動産ニュース / 開発・分譲

2018/3/7

三井不、台湾で2つ目の直営ホテル開発

 三井不動産(株)は7日、台湾における2物件目の直営ホテル事業「(仮称)中山忠孝ホテル」(台北市、総客室数350室)への参画を発表した。

 オフィス・公共施設等の建設工事を行なう台湾企業「豪昱(ごうよ)営造股份有限公司」が設立したプロジェクト会社「金毓泰(きんいくたい)股份有限公司」が開発する建物の一部を三井不動産が賃借、アッパーグレードの宿泊主体型ホテルとして運営する計画。

 新幹線や在来線、MRT等5路線が利用できる「台北」駅より徒歩3分に立地。台北松山空港からも車で15分でアクセスでき、台湾国内の顧客のみならず、観光・レジャー目的で訪れる日本・香港・東南アジアなどからの観光客の利用を見込んでいる。

 敷地面積約3,800平方メートル、地上18階地下5階建て。ホテルは1階の一部および6~18階に入居する。開業は2022年を予定している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。