不動産ニュース / 開発・分譲

2018/4/12

海老名のタワマン、第2期販売開始

「リーフィアタワー海老名アクロスコート」外観イメージ

 小田急不動産(株)は、三菱地所レジデンス(株)、小田急電鉄(株)との共同開発の分譲マンション「リーフィアタワー海老名アクロスコート」(神奈川県海老名市、総戸数304戸)の第2期販売を、14日より開始する。

 小田急線、相模鉄道本線「海老名」駅徒歩3分に立地。鉄筋コンクリート造地上31階建て、敷地面積5,035.77平方メートル、延床面積3万3,612.58平方メートル。

 第1期販売は195戸で、うち167戸で成約。問い合わせ2,782件、来場総数955件を獲得した。最多価額帯5,400万円台。契約者は、20歳代後半のプレファミリーからシニア層まで多様な世帯。持ち家からの住み替えが全体の約60%で、勤務地は厚木市が30%、都内および横浜市内が全体の30%。評価項目は、最も多かったのが、小田急線・相鉄線「海老名」駅とJR相模線「海老名」駅の駅間立地であること、次いで、駅前複合開発が進む海老名の将来性や資産性、ららぽーと・ビナウォーク等の商業施設が身近に揃う、が挙がっている。

 第2期販売戸数は未定。予定販売価格は3,838万~7,218万円。予定最多価額帯は5,400万円台(11戸)。間取りは1~4LDK。専有面積54.59~88.87平方メートル。

 完成は2019年10月下旬、引き渡しは20年1月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

開発計画

狭義には開発許可の申請に当たって必要となる計画を、広義には不動産開発事業の計画をいう。不動産開発事業を行なおうとする場合には、都市計画法による開発許可を得なければならない。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。