不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/4/24

和室、根強い人気/シースタイル調査

 (株)シースタイルは24日、「和室」についての調査を実施した。調査対象は20歳以上の男女1,041人。

 自宅の種類で「建売住宅」「戸建て賃貸」「所有マンション」「賃貸マンション・アパート」と回答した人に、自宅を選ぶとき、和室がある家を選ぶかを聞いたところ、「はい」が50.0%、「いいえ」が19.4%、「気にしない」が30.6%となり、約半数が和室を好んで家選びをしていることが分かった。

 「はい」と回答した50.0%(474人)に和室がある家を選んだ理由を聞いたところ、最多回答は「落ち着く」で48.1%。以下、「畳が好き」(35.0%)、「ごろ寝ができる」(31.4%)、「くつろげる」(22.2%)となった。

 和室があって不便な点については、「畳が傷みやすい」(43.0%)がトップ。次は「特にない」(33.3%)、3位は「思い者を置くと跡がついてとれない」(24.7%)であった。

 注文住宅居住者に自宅を建てるときに和室をつくったかを聞いたところ、「はい」(88.3%)が圧倒的多数を占めた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。