不動産ニュース / 調査・統計データ

2018/4/24

和室、根強い人気/シースタイル調査

 (株)シースタイルは24日、「和室」についての調査を実施した。調査対象は20歳以上の男女1,041人。

 自宅の種類で「建売住宅」「戸建て賃貸」「所有マンション」「賃貸マンション・アパート」と回答した人に、自宅を選ぶとき、和室がある家を選ぶかを聞いたところ、「はい」が50.0%、「いいえ」が19.4%、「気にしない」が30.6%となり、約半数が和室を好んで家選びをしていることが分かった。

 「はい」と回答した50.0%(474人)に和室がある家を選んだ理由を聞いたところ、最多回答は「落ち着く」で48.1%。以下、「畳が好き」(35.0%)、「ごろ寝ができる」(31.4%)、「くつろげる」(22.2%)となった。

 和室があって不便な点については、「畳が傷みやすい」(43.0%)がトップ。次は「特にない」(33.3%)、3位は「思い者を置くと跡がついてとれない」(24.7%)であった。

 注文住宅居住者に自宅を建てるときに和室をつくったかを聞いたところ、「はい」(88.3%)が圧倒的多数を占めた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年2月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/1/18

「記者の目」更新しました

減るなら作ろう「京町家」」を更新しました。
昔ながらの佇まいが外国人観光客からも人気な「京町家」だが、現代の住まいに求められる要素が無く、古くからものは既存不適格物件であることなどから、その数は激減し絶滅寸前だ。そこで、(株)八清は京町家の新築分譲プロジェクトをスタート!京町家の再生を進めている。