不動産ニュース / 開発・分譲

2018/6/5

芦屋でZEHと同等基準の共同住宅/大京

分譲マンション「ライオンズ芦屋グランフォート」外観イメージ

 (株)大京は5日、「Nearly ZEM(Nearly Zero Energy Manshion)」の分譲マンション「ライオンズ芦屋グランフォート」(兵庫県芦屋市、総戸数79戸)の販売開始に伴い、報道関係者向け説明会を開催した。

 同物件は、阪急神戸線「芦屋川」駅徒歩17分、東海道本線「芦屋」駅徒歩19分に位置。9,000平方メートル超の広大なテニスコート「芦屋グリーンランドテニスクラブ」跡地の南側の高台に建設する、鉄筋コンクリート造地上5階地下1階建て。

 「Nearly ZEM」とは、戸建ての「Nearly ZEH」の規定に準拠したマンション版と同社が定めたもの。同物件では、内断熱工法による断熱性能の大幅な強化、アルミ・樹脂複合サッシ採用、高発電効率の燃料電池の全戸導入などにより、全住戸平均32%(最小24%~最大36%)の省エネを実現。戸別太陽光発電を全住戸に導入することによる48%の創エネと合わせ、80%以上の一次エネルギー消費量を削減する。これにより、年間の光熱費削減額は1戸当たり約13万3,600円。

 また、災害時の生活維持を目指した「SONA-L SYSTEM」を採用。共用部と専有部システムにより、災害時(停電時)も電気・水・ガス等のライフラインを1週間以上にわたり確保できる。同システムにより、1棟につき水道代や電気代を年間約76万3,600円削減する見込み。
 生態系にも配慮し、在来種100%、緑地率20%以上を保全。住民主導による生態系維持を促す環境教育プログラムも実施する。

 説明会で、同社建設管理部商品企画室室長の中山雄生氏は「2018年は集合住宅のZEH元年。経済産業省による『高層ZEH-M実証事業』が開始するにあたり、当社は第1回ZEHデベロッパー登録が完了している。ZEH-M化の普及実現に向け、7物件で実証事業を行なう計画。今後も、生活の質を向上させつつ省エネルギーを一層推進するライフスタイルの普及を進めていく」などと話した。

 第1期販売は6月下旬から、販売戸数は10戸。間取りは2LDK~4LDK、専有面積は67.96~90.01平方メートル。販売予定価格は、4,400万円台~5,900万円台、最多予定価格は5,200万円台。すでに約800件の問い合わせがあるという。
 竣工は19年6月の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ZEH

年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量がおおむねゼロ以下となる住宅。ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。