不動産ニュース / ハウジング

2018/6/11

山梨県にCLT低層住宅の実験棟

施工検証のため3つの異なる傾斜スラブでピラミッド型の屋根を形成した

 (一社)木のいえ一番振興協会(東京都渋谷区、会長:二木浩三氏)は、一般住宅としてのCLT低層住宅の実験棟を竣工。8日にプレス向け見学会を開催した。

 CLT(Cross Laminated Timber)とは、木材の小さな断片を層ごとに直交するように並べて積層密着し、建設用の大きな厚板パネルにした木質系材料。日本でも地球温暖化対策や林業活性化等の観点から伐採期を迎えた国内森林資源の活用が求められる中、木材を大量に使用するCLTが注目を集め、公共施設や商業施設を主とした中層建物が建設されている。

 同協会では、CLTの高い断熱性や強度、施工工期短縮などのメリットを一般住宅でも生かせると考え、その実現に向けて実験棟を建設した。なお、同プロジェクトは、「CLT外部現し利用技術検証プロジェクト」として国土交通省の「平成28年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」に採用されている。

 実験棟は山梨県南都留郡に所在。延床面積は50.63平方メートル、2階建て。CLTパネルの内外の壁面を現しで仕上げ、シンプルな構造となるよう、接合金物が隠れるように設計。床・壁・屋根にもCLTを使用している。 
 CLTの断熱性の検証のために付加的な断熱は施していない。断熱性能のほか、現しの経年変化や表面のメンテナンス性、気密性などについての実証実験を行なっていく。

 同協会副会長の田鎖郁男氏は、「CLTの技術は国際的にも進んでいる。実験棟での成果によりCLTを一般の住宅で使えるようになれば、“木のいえ”の美しさ、楽しさを普及させることができる」と語った。

四周の庇の深さは1,160mmとすることで、壁パネルを保護する

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。