不動産ニュース / 開発・分譲

2018/6/12

東海3県で初のららぽーとがオープン

大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」航空写真

 三井不動産(株)は、大型商業施設「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」(名古屋市港区)を、9月28日にオープンする。東海3県(愛知県、岐阜県、三重県)では初のららぽーと。同施設は、水と緑にあふれた港エリアにできる新たなまち「みなとアクルス」の中核となる。

 同施設は、名古屋市営地下鉄名港線「港区役所」駅徒歩2分、「東海通」駅徒歩3分に位置。敷地面積約8万3,200平方メートル、延床面積約12万4,700平方メートル、鉄骨造地上4階建て一部2階建て。

 ファッションや飲食店等、幅広い世代のニーズに応える全217店を誘致。名古屋市の主要幹線道路「江川線」に接する「ウェルカムアプローチ」には、東海エリア初となる「蔦屋書店」が出店する。同施設西側には、約8,000平方メートルからなる広大な屋外広場「みどりの大広場」を設置。広場の中心に位置する屋根付きイベントスペース「デカゴン」では、ライブイベントや展示会、マルシェ等さまざまな用途のイベント利用ができる。

 授乳室やキッズスペース等も設置し、小さな子供がいる家族をサポート。従業員の働きやすい環境づくりに向け、施設内保育園や従業員休憩室、コンビニエンスストア等も用意する。
 また、地域貢献に向けた取り組みも実施。名古屋市図書館の書籍を返却できる「名古屋市図書館返却ポスト」を設置するほか、敷地南東に位置する立体駐車場は、津波避難ビルの指定を受ける予定。

 グランドオープンに先立ち、9月25日に「みなとアクルス」がまちびらきとなる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/12

「記者の目」更新しました

団地空室を惣菜店に。入居者参加型で改修」を更新しました。
人口減少や少子高齢化などで賃貸住宅の空室率が高まる中、住宅のバリューアップなどに各社が取り組んでいます。今回は、大阪府住宅公社が団地内の空き住戸を「惣菜店」へ転用した事例を紹介。買い物に行くのが大変な高齢者のニーズに対応しただけでなく、イートインスペースも設けたことで、コミュニティの活性化にもつながっているそうです。