不動産ニュース / その他

2018/6/12

木密地域改善に向け、企業と「対話」/東京都

 東京都は、木造住宅密集地域の改善のため、都有地を活用した魅力的な移転先の整備に向けて、企業等との「対話」(マーケット・サウンディング調査)を実施する。

 東京都では、震災時に特に甚大な被害が想定される地域を対象に、延焼遮断帯の形成や市街地の不燃化に取り組んでいる。しかし、敷地が狭小であったり、権利関係が複雑なため、建て替えが進みにくいなどの課題があり、権利者の希望に合う移転先を確保することが難しい状況。そこで、近隣の都有地を有効活用し、受け皿として、民間事業者による魅力的な移転先の整備に取り組む第一歩として、事業に関心のある企業等と対話を行なう。

 先行実施候補地は、江北地区(足立区江北四丁目、敷地面積約780平方メートル)。関原地区(足立区関原一丁目、敷地面積約680平方メートル)。

 日程は、事前説明会が6月22日(金)、現地見学会が6月27日(水)、対話が7月25日(水)~8月17日(金)。事前申込制で、具体的な対話内容・申込方法等についてはPDF参照。

 事業実施方針の公表は2018年秋頃、事業者募集の開始は18年度内の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

木造

建物の主要な部分を木材とした建築構造のこと。木造の工法は、大きく分けて「在来工法」「伝統工法」「枠組壁工法」に分類されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です。
地域の歴史やニーズに合わせ、地場業者が遊休不動産を再生!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/6/6

「記者の目」更新しました

ここまできたIoT住宅」を更新しました。

今回はIoT技術を用いた住宅を取材しました。AIが住人の生活パターンを記憶して生活をサポートするなど…まるで魔法のような生活が現実となっているようです!