不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2018/7/13

販管費増え減益/インテリックス18年5月期

 (株)インテリックスは12日、2018年5月期決算(連結)を発表した。

 当期(17年6月1日~18年5月31日)は、売上高435億700万円(前期比5.1%増)、営業利益15億6,000万円(同11.2%減)、経常利益12億5,300万円(同6.7%減)、当期純利益8億200万円(同9.9%減)の増収減益。

 主力の中古マンション再生流通事業(リノヴェックスマンション事業)は、競合の激しい首都圏で販売戸数が前期を下回った(同12.6%減)が、地方主要都市では販売件数が伸長(同18.7%増)。全体では1,450件(同0.6%増)と横ばい。平均販売価格は2,370万円(同0.8%減)。同事業の売上高は345億9,500万円(同0.3%減)、営業利益は12億5,900万円(同1.0%増)となった。
 不動産事業では、不動産小口化商品「アセットシェアリング」シリーズの販売により21億2,700万円を計上。既存戸建てが9億300万円、1棟物等その他不動産の販売が38億9,900万円で、合計売上高69億2,900万円となった。全体の売上高は89億1,100万円(同33.2%増)、営業利益は販管費の増加等により8億2,100万円(同18.0%減)にとどまった。

 次期は、リノヴェックスマンション販売の売り上げを前期水準並みに確保、アセットシェアリング販売を前期比64%増とするとし、売上高446億4,000万円、営業利益17億300万円、経常利益13億1,100万円、当期純利益8億7,900万円を見込む。

 13日の説明会では、同社代表取締役社長の山本卓也氏が、今期の重点方針を発表。事業ポートフォリオの多様化を推進し、収益の安定的な成長を図るとし、リノヴェックスマンション事業の収益確保、リノベーションノウハウを生かした事業の拡充、不動産ソリューション分野の事業確立と成長を方針に掲げた。「マルチリノベ―ター(多能工)の育成に注力し、若いマルチリノベ―ターを業界に輩出することを目指す。また、リースバック事業を中長期視点で有効な仕入れルートと位置付け、積極的に事業を推進する」(山本氏)。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?