不動産ニュース / 開発・分譲

2018/7/20

約1坪の空間セレクトメニューを開発

「HITO-TUBO」施工例(プライベートブティック)

 伊藤忠都市開発(株)は20日、現在販売中の新築分譲マンション「クレヴィア池袋 West」(東京都豊島区、総戸数64戸)に、住戸を無償カスタマイズできるセレクトシステム「Life Arrangement(ライフアレンジメント)」を導入したと発表。そのセレクトメニューの一つとして、約1坪の空間を自由にアレンジできる「HITO-TUBO(ヒトツボ)」を開発した。

 「Life Arrangement」とは、1人ひとりのライフスタイルに合わせ、“住まいでしたいコト”ができる空間を提供する提案型のセレクトシステム。購入者は、マンション契約時に付与されるポイントを上限に希望するメニューを選択し、自分らしい住まいにアレンジすることができる。

 「HITO-TUBO」は、現在の住まいに対する不満や足りていないと思う空間についてのアンケートで寄せられた声をもとに企画。“洋服やバッグをお店のように飾ってオシャレにこだわりたい”という思いを叶える「プライベートブティック」や、“家でもバーのような雰囲気でお酒を楽しみたい”といった要望に応える「プライベートバー」など、8種類のヒトツボ空間を提案する。

 同マンションギャラリーでは、実際に施工したヒトツボ空間を体感できる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。