不動産ニュース / リフォーム

2018/7/27

地所ホーム、赤坂にリフォームギャラリー

「Re Dia」は、一般的な間取りをリフォームしたイメージ

 三菱地所ホーム(株)は、リフォームショールーム「赤坂リフォームギャラリー」(東京都港区)を、8月14日にグランドオープンする。

 ショールームには、定額制リフォーム「Re Dia(リディア)」と、最上級のリフォームブランド「Re Grand(リグラン)」に全館空調システム「マンションエアロテック」を加えた2つのマンションリフォームモデルルームを設置する。

 「Re Dia」は、専有面積70平方メートルの一般的な間取りのリフォームを想定。三菱地所グループオリジナルの商品「EYE’S PLUS」の水回り設備や建具等をベースに一部間取り変更を含めたリフォームを提案。リフォーム価格は、498万円。

 一方「Re Grand」は、理想の住まいを最上級の素材と最良のデザインによって提供するハイエンド向けスケルトンリフォーム。モデルルームは、150平方メートル想定の居室リフォームのうち110平方メートルを再現した。二重床構造を活用しながら換気し、きれいな空気と快適な温度で満たす全館空調システムで、扉のない大空間のLDKを提案している。リフォーム価格は、専有面積70平方メートルで850万円を想定する。

 またショールームでは、ユーザーがリフォームを失敗しないよう、「間取り」「収納」「ユニバーサルデザイン」「空気・温熱環境」「動線」「デザイン」という6つのカテゴリーを“THINK-A(真価)”と位置付け、それぞれのポイントをPOPで提示した。

 26日の内覧会で挨拶した同社代表取締役社長の加藤博文氏は、「当社は来年35周年を迎えるが、当初から力を入れてきた “エアロテック”のニーズがより高まっていると感じている。お客さまには、赤坂リフォームギャラリーで体験していくことで良さを実感してほしい。首都圏のストックを中心に開拓し、2020年までに売上げ100億円を目指していく」と話した。

「Re Grand」では、最上級のリフォームを提案

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。