不動産ニュース / IT・情報サービス

2018/8/7

入居者の生活サポートアプリを開発/宅都HD

入居者専用アプリ「スマサポアプリ」イメージ

 (株)宅都ホールディングスは、同社グループの(株)宅都プロパティと、(株)スマサポ(東京都豊島区、代表取締役:小田慎三氏)が共同開発した、管理物件入居者向け入居者専用アプリ「スマサポアプリ」の配信を開始する。

 宅都プロパティは、関西圏、首都圏を中心に約2万4,000戸の賃貸物件を管理する管理会社。一方、「スマサポアプリ」を開発したスマサポは、入居者や管理会社に対してテクノロジーやIoTを活用した商品、サービスを開発・提供している。

 「スマサポアプリ」は、入居者へ向けたライフサポートとして、入居後の契約情報の確認や問い合わせ、マニュアル閲覧などの基本的なことから、24時間365日対応のチャットサービスなどの機能を搭載した。また、契約内容の変更など各種申請受付等にも対応する。これにより、管理会社と入居者のコミュニケーションを円滑化し、管理会社にとっては業務の効率化が図れる。

 宅都プロパティでは、管理物件の入居者向けに順次アプリの提供を開始し、年内には全入居者へ展開する予定。またスマサポは、今秋以降に全国の賃貸管理会社を対象に「スマサポアプリ」の提供を開始する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

管理会社

不動産所有者の委託により、その所有する不動産の管理業務を行なう企業をいう。管理業務の内容は、大きく分けて、設備の保守・点検、防火・警備など(作業の実施)、賃料や共益費の徴収、諸料金の支払いなど(経理事務)、テナントの募集、賃料の改定、修繕計画の立案など(経営的業務)がある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/7/1

「海外トピックス」更新しました!

アムステルダムの「コンテナ学生寮」【オランダ】」アップしました。
深刻な住宅不足が続くオランダで、簡単に設置でき、かつ一定程度の居住性能を確保できる「コンテナハウス」が注目を浴びている。今回は、コンテナ型の学生寮を紹介。住宅確保に苦慮する留学生などの強い味方になっているとか。