不動産ニュース / ハウジング

2018/8/7

セキスイハイム、亀岡に宿泊体験モデルハウス

宿泊体験オープンハウス

 セキスイハイム近畿(株)は18日、販売中の分譲地「ココフィール大井」(京都府亀岡市)内に、「宿泊体験オープンハウス」を開設する。

 JR山陰本線「並河」駅徒歩15分に立地。2階建て、延床面積100.22平方メートル。顧客に実邸サイズの建物で、食事、睡眠、入浴などを通じて住み心地の良さを体感してもらうための拠点とする。

 住宅業界初のVtoHシステムを設置。コンサルティング型ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)、太陽光発電システム(PV)、電気自動車(EV)、定置型リチウムイオン蓄電池「e-Pocket(イー・ポケット)」の間を一つのパワーコンディショナーで電力融通させ、災害時にも電力を確保できる。また、建物内部の温度差を小さくできる全館空調ユニット、高性能フィルターで室内への汚染物質の侵入を抑制できる全館換気システムを搭載。さらに、共働きに配慮し、水回りをコンパクトにまとめた家事動線を短縮する間取りを採用している。

 完全予約制で、金・土・日のみ受け付ける。食器や調味料、寝具、アメニティも用意する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

オープンハウス

本来は、企業のオフィスや生産施設を、顧客・取引先・投資家に見学させて、企業に対する理解度を高めるという企業広報活動のこと。不動産業界では、販売しようとする物件の内部を一定の期間、担当営業員が常駐して、買い希望客に公開するという販売促進活動を指す。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。