不動産ニュース / 開発・分譲

2018/8/8

ラサール、新守谷にマルチテナント型物流施設

「(仮称)新守谷物流センター」イメージ

 ラサール不動産投資顧問(株)は7日、マルチテナント型物流施設「(仮称)新守谷物流センター」(茨城県つくばみらい市)の地鎮祭を執り行なった。

 開発地は、敷地面積3万4,226平方メートル。常磐自動車道「谷和原IC」まで約2km。常磐自動車道を経由し、主要な環状道路である国道16号線へも約10kmと、首都圏広域への配送が可能な立地。

 延床面積3万8,931平方メートル。鉄骨造2階建て。1階は両面バースを備え、梁下有効高7.1m、床荷重を1平方メートル当たり2t確保しており、多様なテナントニーズに対応する。防災面では、24時間対応の非常用発電機を設置するなど、災害時のBCPを配慮した施設計画を予定している。

 着工は9月1日。竣工は2019年8月9日の予定。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。