不動産ニュース / 開発・分譲

2018/8/14

渋谷に複合施設を開発/ドンキホーテHD

建物イメージ

 (株)ドンキホーテホールディングスは13日、「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の概要を発表した。

 文化村通りの新しい拠点となる、店舗・事務所・ホテルの複合施設を開発。建物は、敷地面積5,737.48平方メートル、延床面積4万950平方メートル、鉄骨造一部鉄筋コンクリート造鉄骨鉄筋コンクリート造の地下1階地上28階建て。

 駅周縁部に拠点を形成することで、渋谷全体における回遊ネットワークの活性化に寄与。日常的に渋谷で暮らす、訪れる、働く人々への商業サービスを提供する。また、狭隘、行き止まり道路を一部撤廃し、敷地内に安全な道を整備。防犯性の向上を図るとともに、耐震性の高い建物を建築することで大地震にも備える。11・12階のホテル共用部は帰宅困難者受け入れスペースに設定、防災備蓄倉庫も配備し、エリアの防災拠点として活用する考え。

 着工は2019年1月、竣工は22年4月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。