不動産ニュース / その他

2018/8/17

賃貸不動産経営管理士講習、東京で追加開催

 (一社)賃貸不動産経営管理士協議会は17日、2018年度の賃貸不動産経営管理士講習を、東京で追加開催すると発表。受講者の募集を開始した。

 同協議会発行の公式テキストを教材に、賃貸管理業務に必要な専門知識の習得と実務能力向上を目的とした講習を、2日間にわたり実施するもの。講習修了者は、11月18日開催の平成30年度賃貸不動産経営管理士試験において4問が免除される。

 東京会場は、6、7月にかけ3回実施。9月11・12日にも実施するが、すでに定員700名が満席のため、急遽同じ日程で追加開催する。会場は、全国都市会館(東京都千代田区)。詳細・申し込みは同協議会ホームページ参照。

 なお、同試験の受験申し込みは、8月20日から受付を開始している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。