不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2018/9/18

増収減益/アルデプロ18年7月期

 (株)アルデプロは14日、2018年7月期決算を発表した。

 当期(17年8月1日~18年7月31日)の連結売上高は114億9,100万円(前年同期比48.6%増)、営業利益11億200万円(同34.4%増)、経常損失7億2,200万円(前年同期:営業損失9億3,900万円)、当期純損失11億9,300万円(同:四半期純利益4,700万円)。

 主力の不動産再活事業は、東京都心部や関西地区、全国各地に所在する販売用不動産を売却。売上高は104億5,200万円(前期比42.2%増)、営業利益は9億4,400万円(同2.7%減)となった。

 不動産賃貸収益等事業は、収益用不動産の増加から賃料収入が増加し、売上高は10億3,900万円(同169.8%増)、営業利益は6億9,100万円(同101.5%増)となった。

 なお、19年7月期の連結業績(18年8月1日~19年7月31日)は、グループが保有する不動産や信託受益権の売却状況によって業績が変動する可能性が高いため、未定とした。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

信託受益権

信託において、信託財産から得られる利益を受け取る権利をいう。その権利の内容は、信託契約等において個別に定められる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/18

「記者の目」更新しました

“トキワ荘通り”活性化の拠点に!」を更新しました。
「トキワ荘」をご存知だろうか。漫画好きなら常識かもしれないが、手塚治虫や赤塚不二夫など、名だたる漫画家たちが若き日を過ごしたアパートのことだ。このほど、その跡地に通じる道路、通称“トキワ荘通り”にシェアキッチンがオープン。地域住民のニーズを聞き取り、創業支援や地域活性化を目的に(株)ジェクトワンが手掛けたものだ。既にかなりの反響があるよう…。