不動産ニュース / 開発・分譲

2018/10/10

日吉で1,320戸のマンション含む大規模開発

「プラウドシティ 日吉」敷地配置図CG

 野村不動産(株)、関電不動産(株)、パナソニック ホームズ(株)は6日、大規模複合開発「プラウドシティ 日吉」(横浜市港北区、総戸数1,320戸)のモデルルームをオープンした。

 東急東横線・目黒線「日吉」駅から徒歩9分に立地。5.4haのショッピングセンター跡地に、3棟の分譲マンションからなる住宅棟・複合商業施設・健康支援施設・サービス付き高齢者向け住宅・地域貢献施設等を建設する。開発地の一部を横浜市が買い取り、市立小学校を新設する。

 開発テーマは「人生100年時代の住みたい街」。少子高齢化と長寿命化の進行、ライフスタイルの多様化に対応し、さまざまなまちの機能を集積するよう計画した。複合商業施設は、クリニックモールや、フォトスタジオ、コンビニエンスストア、認可幼稚園等で構成。同社が保有し、住民や地域のニーズに合わせてテナントを誘致する。サービス付き高齢者向け住宅は、同社グループが運営する。

 また、野村不動産が提案する新・まちづくり構想「BE UNITED構想」の初弾として、開発中からさまざまなまち作り活動を行なっていく。取り組み内容は、10月10日のニュースを参照。計画全体の竣工は、22年の予定。

 最初に販売する「レジデンスI」は、総戸数362戸。間取りは、2LDK+S~4LDK。2LDKタイプは70平方メートル台で、販売予定価格は6,000万円台の予定。4LDKタイプは80平方メートル台で、妻側住戸のみ。坪単価は300万円前後の予定。竣工・入居は20年3月の予定。
 12月上旬より第1期販売を開始する予定。4月からプレセールスを開始しており、約半年間の反響件数は3,000件。問い合わせ者は、地元港北区在住がメインで、その他東急東横線沿線在住者、大田区、世田谷区在住者など。
 なお、「レジデンスⅡ」、「レジデンスⅢ」の概要は未定。

「レジデンスI」、4LDKタイプの住戸のリビング(オプションでリビングと洋室2室をつなげ、1LDKプランとしたもの)

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。