不動産ニュース / 開発・分譲

2018/10/19

NYマンハッタンでオフィスビル/三井不

「55ハドソンヤード」外観

 三井不動産(株)は19日、米国・ニューヨークマンハッタンの「ハドソンヤード」において開発中のオフィスビル「55ハドソンヤード」を竣工した。

 米国子会社Mitsui Fudosan America,Inc.を通じ、2015年より同物件を開発してきた。ハドソンヤード再開発を主導する米国ディベロッパーRelated Companiesおよびカナダの不動産投資会社Oxford Properties Groupとの共同事業で、三井不動産の事業シェアは9割。総事業費は約1,500億円。

 敷地面積約3,700平方メートル、地下2階地上51階建て。延床面積約11万7,600平方メートル。地下鉄7番線「34丁目―ハドソンヤード」駅徒歩0分の立地で、西側にはハドソン川が眺望できる。金融系企業や、大手法律事務所など9割の入居契約が完了している。

 「ハドソンヤード」では、同エリア過去最大規模、約11haにわたる複合再開発が進んでおり、5棟のオフィスビルや商業施設、分譲住宅、ホテル、学校等が建つ予定。

 なお、同社は同エリアにおいて、17年にもオフィスビル「(仮称)50ハドソンヤード」に着工しており、22年に竣工の予定。敷地面積約6,400平方メートル、地下3階地上58階建て、延床面積約26万平方メートル。

 両物件を同社の海外事業における旗艦物件とする。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。