不動産ニュース / 開発・分譲

2018/11/6

電柱に宅配ボックス、試行開始/関西電力他

設置場所の一例。右が「電柱吊宅配ロッカー」
「電柱吊宅配ロッカー」

 関西電力(株)はこのほど、(株)フルタイムシステム、(株)日本ネットワークサポートと連携し、「電柱吊宅配ロッカーサービス」の試行実施を開始した。電柱を宅配ロッカーの設置箇所として活用するのは全国で初の試み。

 実施場所は京都府精華町内の賃貸マンション3ヵ所。敷地内の電柱に、フルタイムシステムが電柱吊専用に開発した宅配ロッカーを、日本ネットワークサポート製の専用支器具を用いて設置。同社がサービス登録者の利用度などを分析し、事業化を検討する。実施期間は2019年3月15日まで。

 同社は同サービスを通して宅配ロッカーの普及を後押しし、近年問題となる宅配物の再配達低減につなげていく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。