不動産ニュース / 開発・分譲

2018/11/28

「上野」駅前にホテル開業/トーセイG

「トーセイホテル ココネ上野」外観

 トーセイグループは、「トーセイホテル ココネ上野」(東京都台東区、総局室数126室)を12月1日にオープンする。

 同グループが2016年に取得した05年築のオフィスビルをコンバージョンしたもので、同グループのホテルブランド「ココネ」シリーズの第2弾。運営は、トーセイ・ホテル・マネジメント(株)が行なう。

 東京メトロ銀座線等「上野」駅から徒歩1分。敷地面積約527平方メートル、鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造地上11階建て。延床面積約4,429平方メートル。1階はレストラン、2~11階が客室で、11階の一部は屋上テラスとする。

 客室は、シングルが79室、ツインが23室、ダブルが15室の他、「和モダン」や、「2段ベッド」といったコンセプトルームも用意。平均専有面積は、15平方メートル前後。
 また、抹茶とお茶菓子を提供する「和のおもてなしプラン」や、部屋でプラネタリウムが見られる「HOMESTAR Classicプラン」、チェキの貸し出しを行なう「思い出づくりサポートプラン」といった特別プランも用意する。
 平均宿泊価格は、1人当たり1万円前後。

 屋上は、スカイツリーを正面に眺望できるテラスとして活用。カウンター席やテーブルセットを用意し、宿泊者が自由にくつろげる場とした。

 トーセイ・ホテル・マネジメント取締役本部長の檜山元一氏は、「オフィスとしてバリューアップするのに比べ事業費は上がるが、新規開発より短期工事でオープンでき、収益性も向上することから、初のコンバージョンホテル開発に至った。事前予約の段階だが、反響を得ることができている」とコメントした。

 今後は、「トーセイホテル ココネ上野御徒町」、「トーセイホテル ココネ浅草」をいずれも20年に開業する予定。両施設は、新規開発する。

ダブルタイプの客室。ソファーはソファーベッドになり、3人までの宿泊が可能。専有面積は約14平方メートル
屋上テラス。スカイツリーが臨める

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

コンバージョン

建物の用途を変更すること。例えば、空きオフィスを集合住宅に変更する、社員寮を有料老人ホームに変更する、というような変更を指す。構造、設備、防災法規など、法的、技術的にクリアしなければならない点も多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年6月号 日々の実務に役立つ情報満載です

改正ポイントをチェックして、実務にお役立てを!

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/5/10

「記者の目」更新しました

築古建物、息を吹き返せるかどうかはアイディア次第」を更新しました。
昨今、遊休化した社宅物件を再生、活用する動きが各所で見られる。今回は、再生が困難なはずの築古の社宅・社寮物件を、持ち前の発想力、マーケティング力で人気物件へと生まれ変わらせた事例を紹介!