不動産ニュース / 仲介・管理

2018/12/5

宅配ロッカー、管理物件100棟に設置/レオパ

 (株)レオパレス21は5日、同社管理物件における宅配ロッカー「PUDOステーション」の設置件数が100棟を突破したと発表。

 「PUDOステーション」とは、荷物の受け取りだけでなく宅配事業者への受け渡しが可能なほか、事前に指定することで好きなロッカーを利用することができるオープン型の宅配便ロッカー。Packcity Japan(株)が提供する。鉄道駅、コンビニエンスストア、スーパー・ドラッグストア、駐車場などで導入が進んでいたところ、レオパレスが、2016年9月に居住物件で初めて導入。

 当初は首都圏を中心に設置を進めていたが、18年4月より大阪府・京都市・神戸市も対象とし、設置エリアを拡大している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

宅配ボックス・宅配ロッカー

不在時に荷物などを受け取るための設備。配達人がロッカーに荷物を入れると鍵がかかり、荷宛人は暗証番号や認証カードを用いて受け取る。宅配ボックスは、一般に、マンションの共用部分に設置されている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/17

「記者の目」更新しました!

『負動産化』を防げ!」更新しました!
いわゆる『負』動産化まで待ったなしなほど、ボロボロだった店舗付き住宅。「まちへの恩返し」との思いから地域のランドマークとして再生した、ある会社の取り組みを取材した。