不動産ニュース / イベント・セミナー

2018/12/5

神奈川公社で団地再生テーマにシンポ

 (一社)団地再生支援協会は17日、神奈川県住宅供給公社とともに「第15回 団地再生シンポジュウム」を開催する。

 2014年12月に開催した「サステナブル社会のまちづくり国際シンポジュウム」を継承し、都市計画家・ドルトムント大学名誉教授のクラウス・クンツマン氏および「近未来計画学」を研究する筑波大学教授の谷口 守氏が登壇。ドイツの高齢化社会政策(ヘルシーシティ)や地域再生等をテーマに講演する。

 開催時間は13時30分~17時30分。参加費は一般2,000円、学生1,000円。会場は、同公社の「KJK Kosha33 ホール」(横浜市中区)。定員は150人。詳細および申し込みは同公社ホームページまで。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/17

「記者の目」更新しました!

『負動産化』を防げ!」更新しました!
いわゆる『負』動産化まで待ったなしなほど、ボロボロだった店舗付き住宅。「まちへの恩返し」との思いから地域のランドマークとして再生した、ある会社の取り組みを取材した。