不動産ニュース / 開発・分譲

2019/1/7

中規模オフィス事業を新ブランドで展開/三菱地所

「(仮称)中央区銀座三丁目計画」室内専用バルコニーのイメージ
「CIRCLES」ロゴデザイン

 三菱地所(株)は7日、コンパクトオフィスブランド「CIRCLES」を新たに立ち上げた。

 同ブランドでは、敷地面積100坪前後の土地に、ワンフロア30~50坪前後のコンパクトオフィスビルを供給する。東京都心部を中心に年間3~5棟手掛けていく計画。シェアオフィス等のスモールオフィス等が手狭となった成長企業をターゲットに、生産性向上をサポートするデザイン性・快適性を兼ね備えたオフィス空間を提供する。

 休憩スペースとして利用できるインナーバルコニーの他、入居者だけでなく地域の人が利用できるカフェラウンジも設置する。また、フロアごとに空間に特徴を持たせ、すぐに入居可能な家具付きフロア、入居者が内装を決められる家具なしフロアなど、多様な選択肢を用意。さらに、IoTを活用し、スマートフォン・タブレットで空調・照明の操作や、シェアスペースの混雑状況が把握できるシステムを導入する。

 このほど第1弾として、「(仮称)港区東新橋二丁目計画」「(仮称)中央区銀座三丁目計画」「(仮称)中央区日本橋馬喰町一丁目計画」の3プロジェクトに着手。今後は、都心5区エリアを中心に、年間5棟前後、5年間で計30棟を目標に開発を進めていく。

カフェラウンジイメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。