不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/1/9

都内でM購入者、検討エリアトップは「港区」

 (有)エム・アール・シーは9日、「資産活用と不動産購入に関する調査」結果を発表した。首都圏在住の35~64歳の既婚で年収600万円以上の600人が対象

 年収1,000万円以上で東京都内のマンション購入意向を持つ人の検討エリアについては、トップは「港区」(21.1%)に。2位は千代田区(14.5%)、3位が中央区(13.2%)であった。

 マンション購入意向を持つ人に物件選びで重視する項目について聞いたところ、「最寄り駅からの近さ」(59.3%)、「静かさ・治安の良さ」(56.3%)、「周辺施設の充実」(52.6%)がトップ3に。

 うち、資産活用目的でマンション購入意向のある人の物件選び重視ポイントでは、1位は「最寄り駅からの近さ」(25.6%)となったが、2位には「将来的に地価が下がらないかどうか」(15.4%)がランクイン。3位は「職場へのアクセスの良さ」「静かさ・治安の良さ」(いずれも10.3%)となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年6月号 日々の実務に役立つ情報満載です

改正ポイントをチェックして、実務にお役立てを!

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/5/10

「記者の目」更新しました

築古建物、息を吹き返せるかどうかはアイディア次第」を更新しました。
昨今、遊休化した社宅物件を再生、活用する動きが各所で見られる。今回は、再生が困難なはずの築古の社宅・社寮物件を、持ち前の発想力、マーケティング力で人気物件へと生まれ変わらせた事例を紹介!