不動産ニュース / 政策・制度

2019/1/23

全国10地区で所有者不明土地連携協議会を設立

 国土交通省は23日、「所有者不明土地の利用の円滑化に関する特別措置法」の円滑な施行を図るため、全国10地区で所有者不明土地連携協議会を設立すると発表した。

 所有者不明土地が全国的に増加し、公共事業用地の取得等において所有者の探索に多大なコストがかかるなど、円滑な事業実施の支障になるという現状がある。そこで、同法を制定することで、所有者探索の合理化や地域住民等の福祉または利便の増進を図る事業のための所有者不明土地を使用できる制度を創設。土地収用手続きの合理化などを可能とした。
 こうした取り組みを円滑に進めるため、関連事務に精通した地方整備局等による地方公共団体への支援・関係機関同士の連携強化が有効であることから、同協議会を設立。地方整備局や法務局、地方公共団体、関係士業団体などの関係者が一体となって支援していく。

 設立総会の日程はホームページを参照。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。