不動産ニュース / 開発・分譲

2019/1/23

北千住の再開発タワマン販売/地所レジ他

「千住ザ・タワー」外観完成イメージ

 三菱地所レジデンス(株)は、三菱倉庫(株)、杉本興業(株)と共に開発を進めるタワーマンション「千住ザ・タワー」(東京都足立区、総戸数184戸)のモデルルームを26日にグランドオープン。3月上旬より、第1期販売を開始する。

 計画地は、JR、東京メトロ、東武伊勢崎線、つくばエクスプレス「北千住」駅徒歩3分に位置。「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」として、駅前広場を拡充整備するとともに、住・商・育一体型の高層タワーマンションを建設する。商店街が立ち並ぶ旧日光街道・北千住本町センター通りに面する広さ約5,000平方メートルの計画地は、スーパーマーケットなどの跡地で、地権者は5名。

 同物件は、敷地面積約3,400平方メートル、延床面積約2万4,000平方メートル、鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造地上30階地下1階建て。1・2階に商業施設、2階に約100平方メートルの子育て支援施設や地域住民の交流の場となるコミュニティスペースを整備する。

 4~30階の住戸は、専有面積約25~110平方メートル、間取り1R~3LDKの全24プランを用意。事業協力者住戸を除く全179戸のうち、約7割が南向き住戸、9割弱がワイドスパンまたは角住戸と、採光・通風に優れたレイアウトを実現した。28・29階には、一部設備をグレードアップした専有面積80.05~103.54平方メートルの「プレミアムフロア」も用意する。

 建物デザインは、宿場町千住をイメージした色彩やデザインに。高層部に縦格子をモチーフとした柱をデザインし、低層部では木調や瓦調の素材を用いた羽目板貼り風の意匠を採用した。

 2018年8月下旬の物件ホームページ開設後の反響は3,300件超。同年12月に事前案内会を開始しており、600件超の来場者を得ている。来場者の6割が足立区在住、年齢層は20~70歳代と幅広く、実需ほかセカンドハウス、投資用としてのニーズもあるという。

 第1期の販売戸数は未定。販売価格の目安は、70平方メートル台・3LDKで7,000万円台~、80平方メートル台・3LDKで9,000万円台~、平均坪単価は300万円台後半となる見込み。
 竣工は20年12月下旬、引き渡しは21年2月中旬の予定。

約80平方メートル・2LDKのリビング・ダイニング

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。