不動産ニュース / 団体・グループ

2019/2/15

千葉宅協千葉支部でLGBTの勉強会

 (一社)千葉県宅地建物取引業協会千葉支部(石川公之支部長)は15日、宅建千葉支部会館(千葉市中央区)でLGBT(性的少数者)と不動産業についての勉強会を開催。会員27人が出席した。

 千葉市は1月29日から、LGBTのカップルや事実婚の人たちによるパートナーシップ宣誓に対して市が証明書を発行する「パートナーシップ宣誓」制度をスタート。それを踏まえて同支部では、不動産業界でもLGBTの人たちに対する理解を深めて安心安全に暮らせるまちづくりに貢献しようと、企画・開催した。

 開催に先立ち石川支部長は、「千葉市の取り組みが各地から非常に注目を集めている。LGBTについての知識をきちんと得たいと、企画した。支部としてどのような協力ができるか、不動産会社としてLGBTの方々にどう寄り添えるか、トラブルを防止しながらLGBTの方にも入居していただくためにはどうしたらいいかなどを学ぶ機会にしたい」と挨拶した。

 千葉市ダイバーシティ推進事業部主査の荒井紀子氏が、LGBTの概念や、LGBTの人たちに接する際に求めたい配慮、パートナーシップ宣誓制度の概要などについて説明。荒井氏は「LGBTのカップルではアパートを借りられない、病院でパートナーの最期に立ち会えないなど、生活していく上での困難に遭遇している。誰もが自分らしく生活できる社会とするために、ぜひ理解を深めていただきたい」と述べた。

 続いて、女性委員が支援団体へのヒアリングやLGBTのカップルと面談して聞いた、生活する上で困ったことなどの体験談の報告も行なわれた。

LGBTの定義や接する際に期待される配慮などについて説明を受けた

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。