不動産ニュース / 仲介・管理

2019/2/19

ワンストップリノベ支援を開始/売却の窓口

「不動産流通会社ならではのリフォーム・リノベーションは大きな武器になる」とした高橋代表

 不動産売却専門のボランタリーチェーン「売却の窓口」は19日、2019年総会を開催。全国から加盟店関係者など約50名が参加した。

 総会では、18年のインスペクション実施件数、既存住宅瑕疵保険付保件数、住宅履歴利用実績、媒介獲得件数(個人・法人)の各部門別での優秀加盟店表彰のほか、19年からスタートする新たな加盟店サービスが発表された。

 マンションリサーチ(株)との提携では、一括査定サービスやマンション・戸建て・土地の媒介履歴の閲覧サービスを提供する。また、加盟店のリフォーム・リノベーション対応力を上げるため、売却物件探し、定額性のリフォーム・リノベーション、資金計画をワンストップで提供する「リノベOne」サービスを加盟店に提供。集客用のホームページを3月に立ち上げる。

 冒頭あいさつに立った同チェーン運営代表の高橋正典氏(価値住宅(株)代表取締役)は、「日本の人口動態の変化をみると、これからのボリュームゾーンは50~60代とシニア層。したがって、黙っていても売却件数は増えていくが、ただ売却依頼を獲得するだけでなく、“どう売り切るか”が重要で、そのための戦略を加盟店で共有していきたい」とした。そして「既存住宅の住み替え層はリフォームが必須。これまで不動産流通事業者はリフォームは手を付けていなかったが、物件紹介からワンストップで提案できる不動産会社ならではのリノベーションが武器となる」とした。

 また、チェーンに加盟しないまでも理念に共鳴する不動産事業者との情報共有の場として、昨年立ち上げた(一社)安心ストック住宅推進協会を活用していくとした。なお、売却の窓口の現在の会員数は40社で、ブランドネームを名乗らずサービスだけを利用する「プラットフォーム会員」が増えているとした。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。