不動産ニュース / リフォーム

2019/3/5

横浜の企業社宅を多世代型賃貸に/Rバンク

「hagu組む東戸塚」外観

 (株)Rバンクは、社宅を1棟再生した「hagu組む東戸塚」(横浜市戸塚区、総戸数36戸)を竣工した。

 JR横須賀線「東戸塚」駅からバスで約10分、最寄りバス停から徒歩約1分に立地。延床面積3,075.78平方メートル、鉄筋コンクリート造地上4階建て。保有企業から利用廃止した1985年築の社宅の有効活用策を相談され、「シニア・子育て世帯向け」「DIY可」「ペット可」「一般向け」と4タイプの部屋で構成した、多世代型賃貸住宅に再生した。事業化に伴い、同社親会社の京急電鉄(株)が1棟借り上げている。契約期間は15年。

 借上期間が短いことから、使えるものは極力活用することでコストを圧縮。間取り・設備は手を付けず、床や壁の表面材の刷新にとどめた。外壁の防水加工、配管設備や一部故障していた水回り設備の交換など、老朽化によって刷新が必要な箇所にコストを充てた。

 建物が階段室タイプであることから、隣住戸との距離がある角部屋をペット可住戸に。同住戸に限っては、壁・床材を強度の高いものに変更している。建材の搬入がしやすい1階はDIY可住戸に設定。階段の昇降の負担が少ない2階を子育てやシニア世帯向け住戸とし、両世帯から需要が高いカラー畳を用いた和室を採用した。シングル・DINKS・ファミリー世帯等を対象とした一般住戸(3・4階部分)は、アクセントクロスを用いて温かみを出し、3パターンの居室を用意している。

 建物前の空間を活用し、洗車スペース付き駐車場のほか、入居者専用庭「みんなの光庭」を設置。多様な入居者がコミュニケーションを図れるよう、無償で器具等を貸し出すバーベキュー施設やペットを散歩できる芝生コーナー、貸し農園スペースを整備している。

 専有面積77平方メートル、間取り3LDK。賃料は7万2,000~7万9,000円。3月から内覧を開始。数日でペット可物件を中心に、子育て世帯やカップルより申し込みが入っている。

DIY可物件のモデルルームには手法等を掲載したパネルを設置
老朽化が進んでいた水回り設備は刷新。写真はオリジナルキッチン

この記事の用語

CRE

CorporateRealEstateの略で、「企業不動産」をいう。企業は、事業のために事務所、店舗、工場、福利厚生施設など各種の不動産を所有・賃貸借しているが、それらすべての不動産がCREである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。