不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/3/27

18年の敷金平均、0.77ヵ月分

 東急住宅リース(株)と、不動産テック事業を手掛けるダイヤモンドメディア(株)は26日、全国の賃貸マンションを対象とした、2018年の賃貸借契約の一時金(敷金・礼金・更新料)の設定月数に関する調査結果を公表した。

 ダイヤモンドメディアが提供する賃料査定システム「スマート賃料査定」の調査機能を活用し、インターネット上で募集中の約1,100万件のデータのうち、一時金(敷金、礼金、更新料)の情報を持つデータおよび東急住宅リースグループが管理する約18万戸のデータを分析した。調査期間は2018年1月1日~12月31日。

 敷金の全国平均は、0.77ヵ月分となった。敷金0物件が全体の46.6%を占めており、それを除くと1.44ヵ月分となった。
 北陸地方と東北地方は敷金の設定が全国平均を上回り、トップの広島県は1.95ヵ月分となった。一方、近畿地方は全国平均を下回り、最も低い大阪府では0.27ヵ月分となった。両社は、近畿地方では、敷金から礼金へと商慣習が変化していて、敷金を設定するより礼金を高く設定することになったことが原因とみている。

 礼金の全国平均は、0.74ヵ月分となった。礼金0物件の割合は全体の45.5%であり、それを除くと1.36ヵ月分となった。
 近畿地方、中国地方、九州地方の一部地域は礼金の設定が全国平均を上回り、トップの兵庫県は、1.46ヵ月分となった。最も礼金が少ないのは鹿児島県で、0.15ヵ月分だった。

 更新料の全国平均は、0.34ヵ月分となった。更新料0物件の割合は62.4%で、それを除くと0.89ヵ月分となった。
 首都圏、京都府、関東の一部では更新料の設定が全国平均を上回り、トップの東京都は0.74ヵ月分となった。最も更新料が低いのは、北海道の0.01ヵ月分だった。両社は、関東地方では賃貸住宅の需要が高く、更新料が設定されていても競争力が高いため、従来の更新料設定で募集している物件が多いためと分析している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

契約一時金(賃貸住宅における~)

賃貸住宅を賃借するときに、賃料とは別に契約時に一括して支払う金銭。その内容や使途は場合に応じてさまざまで、契約時にはその意味や適切さについて十分に確認しなければならない。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。