不動産ニュース / ハウジング

2019/4/10

大空間と軒下で「つながるリビング」提案

大空間リビングと軒下空間を組み合わせた新たなコンセプト提案のイメージ

 積水ハウス(株)は10日、戸建てのリビング設計コンセプト「ファミリースイート」に新たなバリエーションを追加した。

 ファミリースイートは、同社住生活研究所における「住めば住むほど幸せ住まい研究」と、先進技術とを組み合わせ、新たなリビングのあり方を提案する設計コンセプト。今回追加した新バリエーションでは、広い軒下空間を住戸の内外つなげる中間領域として大空間リビングに取り込むことで、家族や地域とつながる暮らしと居心地の良さを提案する。

 新コンセプトのファミリースイートを組み込んだ住宅商品として、3月に木造住宅シャーウッド「グラヴィス ベルサ モダンライン」、4月に鉄骨住宅「イズ・ロイエ WA MODERN」を発売。両商品の発売によって、内外装のテイストや構造を問わず大空間リビングと広い軒下空間を提案できるようになった。

 「グラヴィス ベルサ モダンライン」は3.3平方メートル単価73万4,000円から、年間販売目標はグラヴィス ベルサシリーズで1,500棟。「イズ・ロイエ WA MODERN」は3.3平方メートル単価72万4,000円から、年間販売目標はイズ・ロイエシリーズで6,000棟。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?