不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/4/17

18年度の首都圏マンション、発売戸数は微減

 (株)不動産経済研究所は17日、2018年度(18年4月~19年3月)の首都圏マンション市場動向を発表した。

 当年度の新規供給戸数は3万6,641戸(前年度比0.5%減)と、ほぼ横ばいで推移した。地域別にみると、東京都区部が1万5,462戸(同5.7%減)、都下3,395戸(同9.3%減)、神奈川県8,284戸(同8.5%減)、埼玉県4,868戸(同22.6%増)、千葉県4,642戸(同26.4%増)と、埼玉・千葉の両県での増加が東京・神奈川での減少をカバーするかたちになった。

 1戸当たりの平均価格・平方メートル単価は5,927万円・87万5,000円(同0.1%上昇・同1.3%上昇)。地域別では、東京都区部7,318万円・116万2,000円(同4.4%上昇・同7.4%上昇)、都下5,304万円・75万4,000円(同4.6%上昇・同4.7%上昇)、神奈川県5,362万円・75万8,000円(同5.3%下落・同4.1%下落)、埼玉県4,493万円・64万2,000円(同4.1%上昇・同6.1%上昇)、千葉県4,254万円・57万4,000円(同1.3%下落・同3.7%下落)となった。

 初月契約率は62.0%(同6.8ポイント下落)となり、3年連続で60%台にとどまった。即日完売戸数は1,219戸で、発売戸数の3.3%だった。

 なお、19年3月度の首都圏マンション発売戸数は3,337戸(前年同月比7.7%減)。契約戸数は2,410戸で、月間契約率は72.2%(同2.5ポイント下落)となった。1戸当たりの平均価格・平方メートル単価は6,552万円・94万7,000円(同5.3%上昇・同4.4%上昇)。即日完売戸数は247戸で、3月末の翌月繰越販売在庫は8,267戸。4月の発売戸数は約2,500戸を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年6月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

各種法律の改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/5/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年6月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
解説「令和2年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、民法(相続法)、土地基本法(案)、建築物省エネ法などの改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説!併せて、「取得」「保有」「運用」「譲渡」「相続・贈与」といった場面ごとの税制特例も網羅します。資料編として、税額表も各種計算例も掲載。ご一読いただき、日々の実務にお役立てください。