不動産ニュース / 開発・分譲

2019/4/18

マンション建設地仮囲いで地域防災呼びかけ

取り組みの様子

 伊藤忠都市開発(株)は17日、地域防災の啓発活動として、新築分譲マンション「クレヴィア文京湯島」(東京都文京区、総戸数104戸)の仮囲いに、地域における防災活動の取り組みや災害時の注意事項等を掲出した。

 同物件は、東京メトロ千代田線「湯島」駅徒歩1分に立地。周辺は、2015年に内閣府の地区防災計画のモデル地区に選ばれたこともある住民主導の防災対策活動が活発な地域で、同社はその姿勢に賛同。同物件の開発にあたり地域の防災意識の向上と同物件居住者の防災対策につながる貢献活動を検討したところ、地域住民から「これまでの防災実績や経緯、目指す方針等を周知してもらいたい」という声が挙がったことから、今回の取り組みに至った。

 同物件は、敷地面積は1,051平方メートル、鉄筋コンクリート造地上14階地下1階建て、延床面積8,249平方メートル。専有面積は28.29~75.26平方メートル。間取りは1R、1LDK~3LDK。竣工は10月下旬、入居開始は11月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。