不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2019/5/15

首都圏中心にストックビジネス強化へ/C21

 (株)センチュリー21・ジャパンは今期(2020年3月期)、加盟店のストックビジネス強化を進めていく。

 首都圏を中心に新築戸建ての販売事業を手掛ける加盟店が多く、競争激化などにより業績低迷を招いていることを受け、18年に提供開始したリースバック商品や一括査定・AI査定システム、瑕疵保険&瑕疵保証サービスなど、既存住宅流通やリフォームビジネスの強化を推進。今秋には、リフォームパッケージ商品も新たにリリースする予定。また、「CPM(不動産経営管理士)」の資格取得を推奨し、加盟店の賃貸管理ビジネスへの参入や賃貸管理戸数の拡大もサポートする。

 研修においてもストックビジネス関連の講習を増やすほか、加盟店から経営相談を受け、解決手法を個別に提案する専門部署「FCコンサルティング部」のスタッフを増員し、経営強化や営業スタッフの育成のサポートを行なっていく。

 そのほか、「21Cloud」の顧客・追客管理システムのブラッシュアップ、AIによる物件データ取り込みや間取り図作成機能の利用推進によって、ITツール活用による業務効率化等を図る。19年1月に公表した新ヴィジュアルアイデンティティの周知、新店舗デザインへの刷新なども実施する。

 20年3月期の業績予想は、営業収益42億7,800万円、営業利益11億4,000億円、経常利益12億5,000万円、当期純利益8億5,000万円。加盟店数は19年3月期の954店舗から80店舗増の989店舗を見込む。14日の会見で、同社代表取締役社長の長田邦裕氏は「20年度は1,000店舗体制に向け、人員の増員やIT支援ツールの拡充、広告宣伝の強化といった投資を行ない、成長促進を図る」と述べた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

リースバック

不動産を売却し、その買い主から当該不動産を賃借する方法。英語のLeaseback。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年6月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

各種法律の改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/5/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年6月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
解説「令和2年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、民法(相続法)、土地基本法(案)、建築物省エネ法などの改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説!併せて、「取得」「保有」「運用」「譲渡」「相続・贈与」といった場面ごとの税制特例も網羅します。資料編として、税額表も各種計算例も掲載。ご一読いただき、日々の実務にお役立てください。