不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/5/27

住宅ローン減税の築後要件、約4割が「知らない」

 リニュアル仲介(株)は27日、ローン減税の築後年数要件についてのアンケート調査を実施した。既存マンション、既存一戸建て、土地について希望条件に合う不動産情報を毎日自動配信する同社の「物件提案ロボ」サービス利用者543人が対象。
 
 築25年以上のマンションは住宅ローン減税が利用できないことを知っているかを聞いたところ、「知っている」が58.3%、「知らない」が41.7%という結果に。
 
 また、築25年超のマンションでも新耐震(1981年6月以降の建築確認を受けている)物件であれば、「既存住宅売買瑕疵保険の付保」もしくは「耐震基準適合証明書取得」で住宅ローン減税が利用できることについては、45.6%が「知っている」、54.4%が「知らない」となった。
 なお、瑕疵保険の付保、適合証明書の取得のいずれも消費者にとっては手続きが難しいため、不動産仲介事業者による適切なアドバイスが重要となる、と同社はコメントしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年6月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

各種法律の改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/5/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年6月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
解説「令和2年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、民法(相続法)、土地基本法(案)、建築物省エネ法などの改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説!併せて、「取得」「保有」「運用」「譲渡」「相続・贈与」といった場面ごとの税制特例も網羅します。資料編として、税額表も各種計算例も掲載。ご一読いただき、日々の実務にお役立てください。