不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/5/27

住宅ローン減税の築後要件、約4割が「知らない」

 リニュアル仲介(株)は27日、ローン減税の築後年数要件についてのアンケート調査を実施した。既存マンション、既存一戸建て、土地について希望条件に合う不動産情報を毎日自動配信する同社の「物件提案ロボ」サービス利用者543人が対象。
 
 築25年以上のマンションは住宅ローン減税が利用できないことを知っているかを聞いたところ、「知っている」が58.3%、「知らない」が41.7%という結果に。
 
 また、築25年超のマンションでも新耐震(1981年6月以降の建築確認を受けている)物件であれば、「既存住宅売買瑕疵保険の付保」もしくは「耐震基準適合証明書取得」で住宅ローン減税が利用できることについては、45.6%が「知っている」、54.4%が「知らない」となった。
 なお、瑕疵保険の付保、適合証明書の取得のいずれも消費者にとっては手続きが難しいため、不動産仲介事業者による適切なアドバイスが重要となる、と同社はコメントしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

TikTokやインスタ動画で集客??
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/1/1

「海外トピックス」更新しました!

ブエノスアイレスがタンゴに染まる日【アルゼンチン】」配信しました!
アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスでは、毎年夏に「アルゼンチンタンゴフェスティバル」が開催されます。世界中のタンゴ愛好家が集結しコンサートやレッスンが催されるほか、アルゼンチンタンゴ世界選手権の決戦の場ともなります。コロナ禍においては、開催形式を工夫。当日の模様などを現地ライターがレポートします。