不動産ニュース / リフォーム

2019/5/28

野村不、代々木上原で初の1棟リノベ

築34年のマンションをリノベーションした「プラウド上原フォレスト」の先行ルーム

 野村不動産(株)は28日、リノベーション工事中のマンション「プラウド上原フォレスト」(東京都渋谷区、総戸数15戸)の棟内先行ルームを、報道陣に公開した。1棟リノベは同社初。

 同物件は、小田急小田原線「代々木上原」駅徒歩7分に位置。敷地面積は1,862.97平方メートル、延床面積3,999平方メートル、鉄筋コンクリート造壁式構造地上3階地下1階建て。1984年竣工(築34年)の外国人向け高級賃貸マンションを分譲マンションにリノベーションする。平均専有面積330平方メートルの8戸を、12戸に分割(平均専有面積161平方メートル)。余剰容積を利用して増築棟を建設、新たに3戸をプラスした(同224平方メートル)。「価値あるものは長く残す」という本質を追求し、新築ではつくることのできない新たな価値モデルの創造を目指す。

 既存棟は構造躯体を調査し、65年の残存耐用年数を証明。外部空間だった部分を利用し、三層吹き抜けのエントランスホールとして再構築しバリューアップ。既存の大谷石擁壁をカバー工法にて補強し、安全性を確保するとともに、渋谷区指定の保存樹計7本を含めた既存樹木を保存する。外壁タイルは、色合いや風合いを変えずにタイルを再利用する技術「モルトール」を採用した。
 階高3,200mmの住戸内はスケルトンにし、壁式構造の既存躯体を生かした整形な居室と、全住戸が角住戸となる開放感を享受。老朽化した給排水・空調・ガス・電気等の設備は刷新。直床を2重床に改修し、サイホン排水(キッチン)を採用することでプランの自由度を高め、購入者のライフスタイルに合わせたインテリアを実現する。増築棟は、1フロア1戸の四面採光とし、水回りを集約して回遊性と利便性を実現。LD脇に和室を設えた特徴ある間取りとする。

 専有面積は146.57~232.46平方メートル。間取りは2LDK~4LDK。5月1日より、同社プラウド会員および代々木上原周辺の住民に限定し、販売を開始。19日までの来場者数は50~60組で、40・50歳代が中心、広い面積の物件に買い換え希望のユーザーが多数来場。敷地内の豊潤な緑の量や、曲面タイル・左官仕上げによるシャンデリア等、現在では再現が難しい職人技術に対する評価が高いという。
 販売価格は、既存棟・増築棟の平均で1坪当たり650万円。竣工は2020年2月、引き渡しは同年3月の予定。

時を経て成熟した風合いは、新築では得られない価値
ベランダに続くガラス扉や真鍮の取っ手は従前のまま

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です

近年、多様な分野で導入が進む「スマホ決済サービス」。その仕組みを解説しつつ、既に不動産仲介の現場でサービスを導入した事業者に、そのメリット、課題などを伺いました。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/6/13

「松村文衞 お別れの会」ご参会の御礼

令和元年6月12日に執り行ないました弊社 前代表取締役社長 松村文衞の「お別れの会」に際しましては、ご多用中にもかかわらず多くの皆さま方にご来臨賜り、厚く御礼申し上げます。
故人がこれまで皆さまより頂戴いたしました数々のご厚情に感謝申し上げますとともに、故人同様今後も変わらぬご厚誼賜りますようお願い申し上げます。
令和元年6月13日 株式会社不動産流通研究所 代表取締役 丹羽洋子