不動産ニュース / その他

2019/6/6

綱島SSTで学生との共創プロジェクト

 パナソニック(株)は5日、「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」(綱島SST、横浜市港北区)にて、スマートタウンで保有するセンシングデータとAIに関心のある首都圏中心の大学生の発想力、AI技術を掛け合わせた「AI人材教育・SSTデータ活用アイデア創出プロジェクト」を開始すると発表した。

 パナソニックはサスティナブル・スマートタウンを通じて住民、事業者、行政、自治体、大学との共創による新規事業の創出活動を進めており、2014年にオープンした綱島SSTでは、さまざまなセンシングデータが収集・蓄積されている。

 同プロジェクトでは、19年4月に募集したAI分野に関心のある学生20名に対し、AIプログラムを開発するための知識や技術を研修プログラムを通じて提供。その上で、19年6月からの約4ヵ月間で、学生たちが綱島SST等で蓄積したタウンデータを用い、従来の枠組みにとらわれない発想でアイディアを創出、プログラムを開発しながら、スマートタウンの住民向けのAIを活用したサービスの具体化を目指していく。

 同社は、同プロジェクトを通じて得られたアイディアをまちづくりやサービスづくりに生かし、スマートタウンの利便性向上につなげていく考え。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年11月号
日々の実務に役立つ情報満載です

さまざまな手法でDIY賃貸に取り組む不動産会社を取材!導入の効果や、ユーザーの反響などを伺い、普及への「カギ」を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/10/18

「記者の目」更新しました

生活困窮者に救いの手を」更新しました!
2015年の厚生労働省の調査によると、子どもの7人に1人、ひとり親世帯の約半数が日々の生活に困窮しているという。私たちが思うよりもずっと、日本の貧困問題は深刻だ。そんな中、NPO法人と連携し、生活困窮者に「住宅」のみならず「食品」までも支援する不動産会社がいる。社会課題に果敢に挑む、その姿を追った。