不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2019/6/24

売上高2,163億円で過去最高/ポラス19年3月期

 ポラス(株)は24日、2019年3月期決算(連結)の決算説明会を開催した。

 当期(18年3月21日~19年3月20日)の売上高は2,163億3,800万円(前期比8.4%増)、営業利益129億2,100万円(同5.2%増)、経常利益137億6,700万円(同7.2%減)、当期純利益38億7,800万円(同9.7%減)と増収減益となった。

 売上高は、2,000億円を突破し、3期連続で過去最高を記録。一方、営業外収益が12億5,400円(同57.3%減)と減少したため、減益となった。

 主力の戸建分譲住宅事業では、IoT分譲住宅「アドバンスドプレイス船橋・北習志野」や、電力融通(DGR)を導入した「E-フォレスト浦和美園コネクテッドサイト」といった先進的かつ地域に根差したまちづくりを展開。契約棟数は2,654棟(同15.4%増)と過去最高となり、7年連続で2,000棟超を達成した。

 マンション分譲事業では、同社グループ最大規模の「ルピアグランデ浦和美園」(全340戸)や「ルピアコート新越谷」(全85戸)が好調で、契約戸数は468戸(同82.8%増)となった。

 戸建注文住宅事業では、同社初の単独展示場「体感すまいパーク」を船橋と柏に出店するなどして、京葉・常磐沿線地域の受注強化を図ったものの、一次取得者層や建て替え層の取り込みに苦戦。契約棟数は576棟(同15.7%減)だった。

 プレカット事業については、5工場体制と、ロボット化や作業改善により構造材生産量が拡大し、構造材生産坪数は129万3,000坪(同0.3%増)と、3期連続で過去最高を達成した。

 次期(20年3月期)ついては、デザイン・技術に優れた住まいの提案によりエリアシェアを強化。また、名古屋でのプレカット工場の開設や生産拡大、供給体制強化による圧倒的シェアの拡大を図っていく。また、戸建住宅に最長30年間の保証延長制度を付加する「ロングサポート30」と連動したメンテナンスリフォーム等ストック事業を拡大し、売上高2,250億円(同4.0%増)、経常利益150億円(同9.0%増)、当期純利益42億円(同8.3%増)を見込んでいる。

 同社代表取締役の中内 晃次郎氏は、「当社は7月に創業50周年を迎える。創業時の精神に立ち返り、時代のニーズの一歩先を行く提案をしていきたい」と話した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/9/5

月刊不動産流通2022年10月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年10月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「変わるマンション管理 仲介にどう生かす? 」。マンションの管理状態や管理組合運営に対する評価基準を設け、‟管理の見える化”を図る目的で、今年4月「マンション管理計画認定制度」がスタート。「マンション管理適正評価制度」の運用も開始されました。今後、マンション管理次第で物件の評価が変わっていくかもしれません。行政機関、業界団体、管理会社、仲介会社に制度についての思いや市場への影響等の予測を聞きました。