不動産ニュース / 仲介・管理

2019/7/18

首都圏の大型物流施設のAM・PM業務を受託

 トーセイ(株)は17日、米国大手投資ファンドのブラックストーンが投資する物流施設のアセットマネジメント業務とプロパティマネジメント業務を受託したと発表した。子会社のトーセイ・アセット・アドバイザーズ(株)(TAA)がAM業務を、トーセイ・リバイバル・インベストメント(株)(TRI)が、PM業務を手掛ける。

 受託した物件は、神奈川県や千葉県、栃木県など関東エリアに立地する、総額800億円超の大規模物流施設。TAAにとっては、物流施設の業務を受託するのは初めて。

 今回の業務受託により、トーセイグループの「不動産ファンド・コンサルティング事業」におけるアセットマネジメント受託資産残高は7,400億円超となった。このうち物流施設のプロパティマネジメント受託件数は全11棟、延床面積は15万坪超となる。

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。