不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2019/8/2

増収減益も順調に推移/東急不HD20年3月期1Q

 東急不動産ホールディングス(株)は2日、2020年3月期第1四半期決算(連結)を発表した。

 当期(19年4月1日~6月30日)の売上高は1,865億4,100万円(前年同期比7.0%増)、営業利益112億2,600万円(同4.8%減)、経常利益84億7,100万円(同13.4%減)、当期純利益38億800万円(同29.5%減)。

 主力の都市事業は、投資家向けのビルの売却収益の減少で減収となったが、新規稼働物件の寄与や既存物件の賃料収益の改善などで増益。セグメント売上高は545億円(同0.3%減)、営業利益は118億円(同11.2%増)となった。なお、オフィスビルと商業施設の空室率は0.2%の低水準を維持。

 住宅事業は、一括売却の反動減により、セグメント売上高99億円(同24.5%減)、営業損失12億円(前年同期:営業利益1億円)と減収減益になった。一方、販売は引き続き堅調で、マンションの通期売上予想に対する契約済み割合は、期首の54%から66%に上昇。通期予想に対して順調に推移している。

 通期については、売上高9,200億円、営業利益820億円、経常利益710億円、当期純利益390億円を見込む。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。