不動産ニュース / 開発・分譲

2019/8/5

歌舞伎町一丁目の再開発、8月に着工/東急電鉄

「歌舞伎町一丁目地区開発計画」外観イメージ

 東京急行電鉄(株)および(株)東急レクリエーションは、「歌舞伎町一丁目地区開発計画(新宿 TOKYU MILANO再開発計画)」(東京都新宿区)を8月に着工する。

 東急レクリエーションが運営していた「新宿 TOKYU MILANO」の跡地等を活用し、複合施設を建設する。敷地面積約4,600平方メートル、延床面積約8万8,000平方メートル、地上48階地下5階建て。高さは約225m。都市観光拠点を目指し、ライブホール(地下1~4階、最大約1,500人収容)、劇場(地上8~11階、約850席)、映画館(地上12~15階、8スクリーン)、ホテル(17~47階)などで構成。ライブホール等では、若手アーティストの演奏など大衆娯楽文化を発信していきたい考え。ホテルは、(株)東急ホテルズが出店。アートや音楽といったまちの文化を織り込んだ客室を設けるほか、地域の社交場としてのルーフトップレストランを設ける。

 そのほか、1階に空港リムジンバスの乗降所を設けるほか、周辺エリアの整備も実施する。職安通り交差点の改良による空港連絡バスルートの形成、西武新宿駅前通りのリニューアル整備、歩行者ネットワークの形成なども行なう。施設に隣接するシネシティ広場では、屋外劇場として利用できる空間をつくる。地域と連携しながら、イベント開催などを行なっていく計画。

 東京急行電鉄開発事業部都内開発グループ課長・田島邦晃氏は「さまざまな都市文化を一ヵ所で体験できる空間をつくる。まちの回遊性とにぎわいの創出につなげていきたい」と話した。

 2022年8月31日の竣工を目指す。

ルーフトップレストランイメージ
空港リムジンバスの乗降所イメージ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。