不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/8/8

次世代住宅設備機器市場、18年度は6,796億円

 (株)矢野経済研究所は7日、「次世代住宅(スマートハウス、ZEH:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)関連主要設備機器市場」に関する調査結果を発表した。調査期間は2019年1~3月、次世代住宅関連設備機器メーカー、ハウスメーカー、関連業界団体他を対象に、同社専門研究員による直接面接、電話調査、各種文献調査併用で実施した。
 なお、次世代住宅関連主要設備機器とは、制御系機器の「HEMS」「スマートメーター」、創エネ系機器の「太陽光発電システム」「燃料電池システム」、蓄エネ系機器の「家庭用蓄電システム」「V2H(Vehicle to Home)」の計6機器(すべて住宅用)を指す。

 18年度の市場規模(6機器・末端販売額ベース)は、6,796億円(前年度比2.3%減)と推計。構成比率の高い太陽光発電システム販売額の減少や、各設備機器の単価下落に伴い、市場規模は減少傾向にある。ただし、すでに市場が形成されている太陽光発電システム、社会インフラとして電力会社の計画に沿って普及が進んでいるスマートメーターを除く4機器を対象とした18年度の市場規模は1,808億円と、14年度比60.0%増、前年度比でも10.7%増と、拡大傾向を見込んでいる。

 今後については、「2019年問題(卒FIT:固定価格買取制度)」を背景に、家庭用蓄電システムの需要が拡大すると予測。また、近年のZEHの普及や省エネ基準義務化により、一時消費エネルギーの抑制に対する取り組みが加速していることから、19年度以降、PV(太陽光発電)需要の増加が期待されるとし、市場は回復基調にあると推測。22年度の市場規模は7,899億円になるとした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年9月号
日々の実務に役立つ情報満載です

空きスペースの有効活用に「シェア」を導入。近年、多様化を見せるそのビジネス手法をレポートします。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(税込、送料無料)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円(税込、送料無料)

お知らせ

2019/8/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

最新号19年9月号の内容を紹介。ショップサイトでご購入できます。
編集部レポートは、「空きスペースを活用 多様化するシェアビジネス」。飲食店舗の休業時間を利用した「間借り」、空き家を活用した「多拠点居住」、倉庫の空きスペースを「個人の物置き」に…等々、シェアビジネスの最前線をレポート!
編集部レポートでは、近年注目を浴びているESG投資、SDGsについて、その概念から分かりやすく解説。今後の企業経営において求められることとは?ぜひご一読ください。