不動産ニュース / 仲介・管理

2019/9/2

学研ココファン、サ高住4棟を同時開設

 (株)学研ココファンは1日、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)4棟を新規開設。これにより同社が運営するサ高住は全国110棟、サ高住を含む高齢者福祉事業の拠点数は136拠点となった。

 開設したのは「ココファン浜松成子」(浜松市中区、総戸数51戸)、「ココファン相模大野」(相模原市南区、総戸数68戸)、「ココファン柏明原弐番館」(千葉県柏市、総戸数40戸)、「ココファン北長瀬」(岡山市北区、総戸数47戸)。このうち、「北長瀬」は事業承継案件となる。

 同社は今後もサ高住の開発を加速していく。2018年9月期(前期)に10棟を開発。19年9月期は11棟、20年9月期には17棟の開設を予定している。要介護認定者の増加が予測される中で介護対応型サ高住の需要の高まりを見込み、人口30万人以上の都市での新規開設に力を入れていく計画。すでに拠点のある地域でのドミナント展開強化等も図っていく。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年7月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

緊急事態宣言下の地域事業者の奮闘を取材!新たなビジネスアイディアも。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/1

「海外トピックス」更新しました!

Vol.370 暮らしの視界にもっとアートを!ビル外壁を利用して街を美術館にする試み【アルゼンチン】」配信しました。
アルゼンチン第3の都市ロサリオは、多くの芸術家を輩出したまちとして有名。そんな同地では、建物の外壁に巨大壁画を設けるアート・プロジェクトが行なわれています。アートを身近に感じるまちづくりの魅力に、現地ライターが迫ります。