不動産ニュース / その他

2019/9/5

20年竣工「東京ワールドゲート」を想定し震災訓練

「帰宅困難者支援施設運営ゲーム」を用いた図上シミュレーション訓練の様子

 森トラスト(株)は4日、2019年度秋季震災訓練を実施した。

 東京の国際拠点として多くの開発が進む虎ノ門・神谷町エリアの地域防災機能の強化に向け、20年に竣工を控える大規模都市開発「東京ワールドゲート」(東京都港区)を受け入れ施設に想定し、帰宅困難者対応シミュレーション訓練を行なった。
 「東京ワールドゲート」は、虎ノ門二丁目地区(虎の門病院)、ホテルオークラとともに、災害発生時には、三地区連携で計5,000人規模の帰宅困難者受入体制の構築を予定している。

 今回の訓練では、施設竣工前の段階で課題抽出、改善を行ない施工後の施設運営に生かすことを目的に、東京大学・廣井研究室が開発した「帰宅困難者支援施設運営ゲーム」を活用。帰宅困難者を、外資系企業の就業者やホテル利用者など、エリア特性を反映した形で想定し、東日本大震災時に同社グループが行なった帰宅困難者対応や、これまでの実地訓練で得られたノウハウを生かしながらシミュレーションした。

 同訓練により、同社では多様性配慮の視点を取り入れた帰宅困難者対応や、それに向けた一時滞在者同士の共助が促される仕組みづくりの必要性、受入施設間の地域連携に向けた課題が知見として得られたとしている。

 そのほか災害時情報共有システムを用いた初動対応・情報共有訓練も実施した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。