不動産ニュース / 開発・分譲

2019/9/6

飲食ビルのメリット生かしたシェアスペース/東建

「TIME SHARING 五反田II」。前方にスクリーンとステージを備えた
ビル内の店舗やあどばるのケータリングサービスを活用し、簡単に食事をオーダーできる

 東京建物(株)は5日、(株)スペースマーケット、(株)あどばるとの協業によるシェアスペース「TIME SHARING 五反田II」を、都市型コンパクト商業施設「FUNDES五反田」(東京都品川区)内にオープンした。

 2018年11月、スペースシェアリングプラットフォームを運営するスペースマーケットと資本業務提携。東京建物が所有するビルの遊休スペースをシェアキッチンにするなど、協業を進めてきた。「TIME SHARING 五反田II」もその一環。五反田エリアはスタートアップやベンチャー企業が集積し「五反田バレー」として盛り上がっており、シェアスペースのニーズが高いと出店を決定した。

 「FUNDES五反田」は、東京建物が手掛ける都市型コンパクト商業施設シリーズの4棟目。JR山手線等「五反田」駅徒歩1分に立地。敷地面積約178.90平方メートル、延床面積約1,498平方メートル。鉄骨造地上12階建て。8店舗の飲食店とクリニックが入居する。

 「TIME SHARING 五反田II」は9階に出店。延床面積121平方メートル。デスク、チェアのほか、ステージや音響、プロジェクター、スクリーン等を備え、会議やイベント、パーティーなどフレキシブルに活用できるシェアスペースとした。3時間から利用可能で、利用料金は1時間1万円。収容人数は着席で56人、立席で70人程度。

 運営は、レンタルスペースの開発・運営を手掛けるあどばるが行なう。ビル内に飲食店舗が多いことを生かし、シェアスペースへのデリバリーサービスを展開。スペースの利用用途に合わせて出来立ての食事を提供するなどして、他施設との差別化を図る。

 11月30日まで、オープンを記念したキャンペーンを実施。全利用者の利用料金を20%オフとする他、(一社)五反田バレー、(一社)シェアリングエコノミー協会の会員は40%オフとし、地域のスタートアップ企業、ベンチャー企業を支援する。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?