不動産ニュース / 開発・分譲

2019/10/8

「稲毛海岸」駅徒歩圏で全253戸の戸建分譲

「アールデコ」をテーマに、それぞれの特色を出した外観デザインとしている(三井不動産レジデンシャルの分譲住戸)
三菱地所レジデンスの分譲住戸

 三菱地所レジデンス(株)と三井不動産レジデンシャル(株)は、今月下旬より販売を開始する「稲毛海岸 美浜の杜シティ」(千葉市美浜区、総区画数253戸)をマスコミに公開した。

 JR京葉線「稲毛海岸」駅徒歩12分、JR総武線「稲毛」駅徒歩17分。両社が株主である京葉土地開発(株)の所有地、約4万146平方メートルの再開発事業。

 曲線を取り入れた道路線形により、散策したくなるような街区を形成。通りごとにシンボルツリーを定め、緑量の確保と併せて、景観の統一を図っている。また駅への最短ルートとなる陸橋交差点へ向けゲートを設置し、まちのゲートとしての作り込みも行なっている。

 セキュリティ対応では、防犯カメラを各ゲートに設置。1日1回の街区内の巡回警備を実施すると共に、ホームセキュリティ設備も各住戸に標準で設置する。

 コミュニティ形成の支援に向けては、まちの中心に集会所を設置。公共スペースでのルールを定めた街憲章「美浜の杜シティ 基本マナー」定め、運用していく。なお、入居に合わせ、2社合同の入居予定者が集っての交流会を開催する計画。

 住戸については、三菱地所レジデンスが139区画、三井不動産レジデンシャルが114区画を販売する。統一された全体景観を実現するため、住戸は両社とも「アールデコ」をテーマにデザイン。その上で三菱地所レジデンスはニューヨークブルックリンスタイル、三井不動産レジデンシャルはプレーリースタイルの特色を出しながら、全体の調和を生み出していく。

 土地面積は約110~135平方メートル、建物面積は約96~122平方メートル、木造枠組壁(2×4)工法。

 9月14日よりモデルルームの事前案内会を開催しており、10月5日にモデルハウスをグランドオープン。これまで両社とも、約300件の反響、約100件の集客を得た。来場者については、千葉市内居住者が過半数を占めているが、JR2路線が使える立地から、船橋、浦安、東京など広域から来場者を集めている。家族構成は3~4人が多く、30歳代、年収500万から700万円がボリュームゾーンだという。

 第1期販売では、三菱地所レジデンスが27戸、三井不動産レジデンシャルが26戸程度の販売を行なう計画。価格は未定だが、4,300万円台から5,000万円台となる見込み。

 2022年の春頃の完売を目標に販売活動を行なっていく。

スマートフォン連動型インターフォンや宅配ボックスなど、ニーズの高い設備を両社共通で採用している

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?