不動産ニュース / 開発・分譲

2019/10/8

秋葉原に大規模複合開発ビル竣工/住友不

「住友不動産秋葉原駅前ビル」外観(南側より)

 住友不動産(株)が地権者ならびに参加組合員として参画している神田練堀町地区市街地再開発組合はこのほど、「住友不動産秋葉原駅前ビル」の竣工を発表した。

 JR「秋葉原」駅前の北東200mに位置する、施行区域約0.5haの街区で事業推進してきた、オフィス、住宅、店舗で構成される大規模複合開発。敷地面積約2,530平方メートル、延床面積約3万700平方メートル、鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)・中間免震構造、地上21階地下2階建て。総事業費は約233億円。

 建物の南北には、地域の憩いの場にもなり、大通りから東側区道へ人の流れを誘導する緑豊かな広場を設置。地区周辺道路の電線類地中化、歩道状空地の整備などにより、安全で快適な歩行者空間も形成する。
 また、防災機能の向上のため、災害時に地域の一時退避スペースとなるピロティや、帰宅困難者の受け入れを可能とするエントランスホールを整備した。

 2~17階のオフィスフロアの基準階面積は、約340坪(約1,120平方メートル)。整形無柱空間とし、効率的でさまざまなオフィススタイルに適応した自由なレイアウトを可能としている。天井高は、3m+フリーアクセス10cmのゆとりある開放的な空間を確保。空調はワンフロアをゾーン分けし、部分制御可能な個別空調システムで省エネを実現する。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。