複合施設の記事一覧

2022/9/26

不動産ニュース 2022/9/26

杉並区の複合施設の指定管理者に/東急コミュ

(株)東急コミュニティーはこのほど、「杉並区立社会教育センターおよび高円寺地域区民センター複合施設(愛称:セシオン杉並)」(東京都杉並区)の指定管理者業務を受託したと発表した。(株)東急文化村と協和産業(株)と連携しての事業。

2022/9/20

不動産ニュース 2022/9/20

横浜の庁舎跡地に「地域交流」支える複合施設

JR西日本不動産開発(株)は20日、同社が推進する横浜市旧南区総合庁舎跡地の開発プロジェクトにおいて、施設名称を「VIERRA蒔田」(横浜市南区)に決定し、10月20日にグランドオープンすると発表した。2019年8月、横浜市の課題解決型公募で事...

2022/9/6

不動産ニュース 2022/9/6

「東京ガーデンテラス紀尾井町」を再エネ化/西武RS

(株)西武リアルティソリューションズは1日、同社が保有・運営する大規模施設での環境対策を加速すると発表した。複合ビル「東京ガーデンテラス紀尾井町」(東京都千代田区)では、10月より施設内で使用するすべての電力を実質再生可能エネルギー由来の電力に...

2022/8/12

不動産ニュース 2022/8/12

内幸町の大規模再開発、南地区が施行認可

第一生命保険(株)、中央日本土地建物(株)、東京センチュリー(株)、東京電力パワーグリッド(株)およびTF内幸町特定目的会社が参画する「内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業」が10日、東京都知事より施行認可を受けた。同事業は、「(仮称)...

不動産ニュース 2022/8/12

屋外型のワーケーション施設を開設/西鉄

西日本鉄道(株)、(株)西鉄エージェンシー、(株)QTnetは19日、香椎花園跡地に期間限定で開業した複合型アウトドア施設「かしいのはまビレッジ」(福岡市東区)内で、新たなワーケーションサイト「QTわく楽ワークパーク」を開業する。かしいのはまビ...

2022/7/21

2022/7/15

不動産ニュース 2022/7/15

宇都宮駅西口に住宅・商業の複合施設/旭化成不レジ

旭化成不動産レジデンス(株)は15日、参加組合員として参画している「宇都宮駅西口南地区第一種市街地再開発事業」(栃木県宇都宮市)の組合設立認可を受け「宇都宮駅西口南地区市街地再開発組合」が設立されたと発表した。同事業は、JR「宇都宮」駅西口ビル...

2022/7/13

不動産ニュース 2022/7/13

御堂筋の玄関口に高規格オフィスビルを開発

中央日本土地建物(株)、京阪ホールディングス(株)は12日、「淀屋橋駅東地区都市再生事業」(大阪市中央区)の新築工事に着手したと発表した。同事業は、中央日本土地建物が所有する「日土地淀屋橋ビル」と、京阪ホールディングスが所有する「京阪御堂筋ビル...

不動産ニュース 2022/7/13

札幌でにぎわい拠点備えた複合施設/平和不

平和不動産(株)は12日、「(仮称)大通西4南地区第一種市街地再開発事業」(札幌市中央区)の計画概要を発表した。同社代表取締役社長の土本清幸氏が理事長である大通西四丁目南地区市街地再開発準備組合において、都市計画手続きを開始する。

2022/7/1

不動産ニュース 2022/7/1

豊洲の複合開発を着工/三菱地所

三菱地所(株)、(株)IHIは1日、共同で推進する「(仮称)豊洲4-2街区開発計画」(東京都江東区)の新築工事に着手した。同プロジェクトは、豊洲2・3丁目における最後の大規模再開発として、A棟・B棟の2棟の複合施設を開発する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“管理”が価値につながる時代?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/1

「海外トピックス」更新しました!

ロサンゼルス国際空港、半世紀ぶりの大改修【アメリカ】」を配信しました。
2028年にオリンピックの開催が予定されるロサンゼルス。その玄関口であるロサンゼルス国際空港は、鉄道やモノレールの乗り入れがなく、近辺にレンタカー店さえないなど、観光客にとってはきわめて不便な造りになっているそう。そこで現在、およそ半世紀ぶりとなる大規模なリニューアル工事が進められています。