不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/10/8

7~9月の収益物件、1棟マンション利回り上昇

 不動産投資・収益物件の情報サイトを運営する健美家(株)は8日、2019年7~9月期の収益物件市場動向四半期レポートを発表した。同社のサイトに登録された物件とメールで問い合わせを受けた物件の市場動向をまとめている。

 区分マンションの投資利回りは7.28%(前期比0.12ポイント下落)と下落に転じた。物件価格は1,575万円(同0.19%下落)と4四半期ぶりの下落。

 1棟アパートの投資利回りは8.91%(同0.00ポイント)。物件価格は6,523万円(同1.76%上昇)と上昇に転じた。

 1棟マンションの投資利回りは8.45%(同0.09ポイント上昇)と反転上昇。物件価格は1億4,886万円(同1.23%下落)と2四半期連続で下落した。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

マンション

日本におけるマンションは、一般的には、鉄骨コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で、3階建て以上の分譲共同住宅・賃貸共同住宅を指している。ただし、賃貸共同住宅の場合にはPC造・重量鉄骨造であっても、マンションと呼ばれることがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。